ずる休みをしてプロ家庭教師と勉強していると話題に?

中学受験の前に、児童が小学校を休み、プロ家庭教師と受験勉強する例があるとひそかな話題になることがあります。
そうした場合としない場合で、受験当日までの学力が異なるかと言えば、それはケースバイケースですが、一般的には、浮いた時間を勉強だけに費やす例は意外に少ないので、それほど劇的な効果は期待できないようです。
それよりも、子どもに義務教育の出欠に関して、そうしたことが可能であるという認識を持たせた影響のほうが大きいでしょう。
大学でさえ、出席日数が重視される世の中です。
中学、高校では皆勤賞がもてはやされ、それが進学にあたって有利に働くという現実があります。
自分に有利になる行動を、なかなかとれなくなったら、結局それは損失になってしまいます。
小学校の段階で、無駄だから出ない、ということを保護者も勧め、それによって不都合も生じなかった体験をすることによって、中学、高校で皆勤賞をとって得をするという道は選びづらくなることが懸念されます。
学校での皆勤賞を取るのがいいかどうかは考え方によるでしょうが、少なくとも、取れば得をするという現実があります。
皆勤賞を取れるかどうかという観点において、損をするような考え方を子どもに植え付ける可能性がありますので、受験直前であっても、小学校には通わせたほうがいいとも言えるでしょう。
長い目で見たら、そのほうが児童にとっても親にとっても得策かもしれません。
少なくとも、出席日数よりも成果、という成果主義が世に浸透するまでは、そうでしょう。
損得で考えたら、通わせ続けたほうが一般的には得です。
無駄でも付き合わなければならないことは、中学進学以降たくさんあるでしょう。
それをしないと決めるとしたら、それは社会人になってからのほうがいいでしょう。
しかし、自立する前なら、社会に適合しやすい行動をとらせておいたほうが無難と考えるべきかもしれません。
子どもにとっても保護者にとっても。
名門中学や名門高校に入っても、全員がそのままそこを卒業するわけではありません。
受験に合格することだけを目的として、さまざまなことを犠牲にするのは誰もがやることですが、犠牲にする内容には吟味が必要です。
小学校に通い続けることを前提としたスケジュールを早くから組んで、受験直前の時期は、小学校を息抜きの場として活用することが大切です。
受験勉強以外のことをするわけですから、気分転換になるでしょう。